「住まい創り」に携われる喜び

エールハウスは海外研修や、資格取得支援など仕事を学ぶ環境を大切にする会社です。この仕事は幅広い知識と経験が必要なため、勉強する事がたくさんあって、正直大変です。しかし、その知識と経験は全て本人のものになります。これは、簡単に手に入らないかもしれませんが、手に入れてたら簡単になくなるものでもありません。その知識と経験があれば仕事は楽しくてたまりません。自分の提案が作品として残り、お客様に感謝されるとてもやりがいのある仕事です。

エールハウスでは、大半の社員が30代で持ち家の実績があります。本人の努力次第では、同世代でも驚くような収入が得られます。

建築系専門学校卒業後、エールハウスに入社。28歳で二級建築士に合格しました。その後32歳で結婚し、35歳で自宅を建築。現在は新築工事や大規模リフォーム・リノベーション工事を一人で任されながら、後輩の指導にあたっています。

 

 

笹川写真
自分の作成した図面が家として形になる喜び

エールハウスでは実際に現場を見たり、職人さん達と話をしたりすることができ、建築の知識が広がるとともに、図面を作成するだけでは見えないお客様に寄り添ったより具体的な提案を出来るようになりました。お客様に会う機会もあるので、仕事がとても楽しくなりました。自分の作成した図面が家というカタチになっていく光景を間近で見られるのは毎回、嬉しいです。

自分に仕事を任せられる責任とやりがいを感じて仕事に取り組んでいます。

建築系専門学校卒業後、設計事務所に入社。設計事務所では図面を作成することが主な仕事でした。エールハウスに転職した後は、図面設計のみならず、色彩コーディネーターや収納アドバイザーの資格を活かして、「女性目線」で実際の使い勝手やカラーリングについてお客様に具体的な提案をしたり、セミナーなどを開催しています。

求める人材像

エールハウスでは、若くても、経験がなくても、やりがいのある仕事・お客様に喜ばれる仕事を求めている方を募集しています。住宅に携わるリノベーション・リフォーム・新築工事は覚えることが多く大変ですが、一度得た知識・経験は本人の一生の財産となります。工事が終わった後にお客様からいただく「ありがとう」の言葉や、感謝のお手紙は何事にも変えられません。会社の上司や先輩方もみな一人で営業から設計デザイン、積算、工事監理全てをこなせる建築プロフェッショナルの集団です。この考え方に共感していただける皆さんを心からお待ちしています。

Slider